Advanced Custom Fieldsの管理画面内Google Mapsがいつの間にかAPI必須になってた

2016年6月22日以降に新たに制作されたサイトでGoogle Mapsを利用する場合は、APIキーが必須なっています。
以前この時期にAdvanced Custom Fields(以下ACF)を使ってサイトを作ったクライアントさんがいまして、webサイトには発行したAPIキーを<script src=”https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=XXXXXX”></script>(XXXXXXはAPIキー)で読ませてあったので大丈夫だったのです。
 
 
が、
 
 
管理画面内のACFで設定した項目を見ると・・・
 
 
うわあああああああ

6月当初はACF管理画面表示はAPIキーがなくても動いていたので大丈夫だ思ってたんですがね。よくよく考えてみればAPI必要ですよね。

ACF開発元にちゃんと書いてありました。
Google Map / ACF

function.phpに下記のコードをコピペするだけで管理画面内のGoogle Mapsが表示されるようになりました。
XXXXXXには取得したAPIキーを入れます。フィルターフックで管理画面内にAPIキーを入れ込んでるようですね。

PRO版の場合は下記

  • コーダーのための計算機